1月6日号



写真右側の手前は大振りの実が果汁たっぷりのイチゴ大福170円。その奥右は山景色160円、左は柿160円

大津 季節の和菓子 花こよみ

 鶴をかたどった上用まんじゅうに花びらもち。新年ともなるとショーケースの中はひときわ華やぎます。店主の吉永秀基さんは老舗に20年以上勤めた菓子職人。9年前に自らの店を持ち、以来、地域の人々に広く親しまれています。 とくに生菓子は普段のお茶請けだけでなく茶席の菓子としても評判が高く、味はもちろん、折々に凝らした趣向の美しさは折り紙付き。厳選した近江羽二重餅(もち)を使い、最高級の小豆・丹波大納言を茶菓子から大福、赤飯にいたるまで使用しています。とはいえ「いい材料を手に入れることが比較的簡単になった時代。一番大切なのは一日一日、一つずつの作業を吟味し、“これでいい”と慢心しないこと」と吉永さん。その信念が長く愛されるひけつかもしれません。

▼草津市 山口節子さん推薦

077(544)5351
大津市大江3-24-8
水曜休 ※祝日の場合は営業




プレーンヨーグルト…(500グラム)350円、さわやかヨーグルト…(同)380円、もちもちレアチーズ…(12個入り)840円
滑らかな口当たり味わって 自家製加工食品の店トラウベ プレーンヨーグルト

 ドイツ語で「花」を意味する日野町の農業公園「ブルーメの丘」。ロマンチック街道で知られるバイエルン地方を模した同公園には、花畑や牧場が広がり、パンやソーセージ、ピザ作りなどの体験コーナーも充実。「今年は開園10周年の記念の年。牛舎前に花畑を広げ、3月から『まきばのお花畑』としてお披露目をする予定です」(広報部・上甲さん)。お土産を探すなら街エリアにある自家製加工食品の店「トラウベ」で。牛舎で飼育するジャージー牛の生乳を使った乳製品や地ビールなど、オリジナル商品がいっぱい。「ヨーグルトは滑らかな口当たりと舌の上に広がる濃厚な風味を味わって」と販売部の分部さん。大福餅(もち)でくるんだ「もちもちレアチーズ」も新鮮。

◆トラウベ  日野町西大路864-1  0748(52)2611

滋賀新聞TOP京都新聞TOP